InforconnEnglish Plaza  HOME 更新日2021/01/05

オンラインレッスンで、ご自宅が塾・英会話学校に!
某全国規模英会話学校を含めた20年以上の経験だけが売りではありません!
授業の補習・受験対策・資格試験対策・
英会話・他目的にあわせてレッスンいたします。

生徒は家族!がモットーです!
インフォコン・インコーポレイテッド 
http://www.inforconn.com   eworldk@inforconn.com

HOME
あっというまに2?年目
創立時のご挨拶
10周年時のご挨拶

元・現役生徒さん紹介


何をお探しですか?
ショートカットはこちら 
お問い合わせの前に
補習・受験・会話他
基礎からみっちりが一番
近道です!

メール添削

FAQもあります
レッスンについて
こちらにご回答のうえ
お問い合わせください

料金 &時間

生徒紹介 
TOEIC対策
レッスンについて
レッスン体験談
TOEFL対策体験談
初心者との海外旅行
2011年
2006年No.2NO.1
2005年
2004年No.1、2
第2回レポート
A組 B組
楽しい車椅子の旅
2003年感想
感想番外編
中身の濃いお話
Charlesさんの
日本旅行の感想

仕事の英語って?
サンディえいご
アラカルト通信 
インフォコン・
インコーポレイテッド
Inforconn, Inc.
お問い合わせはこちらへ
↓↓↓↓

eworldk@inforconn.com
FAX 04-7132-3589

ついに長い努力と忍耐の末、レスリングアメリカ留学を実現!
Yurieちゃんの体験談です。あの頃を思い出してわたしもいろいろ書いてしまいました!是非ご一読くださいませ。

1.教室に入るまでの英語学習の歴史・かかわり

-昨年ノースダコタ州のジェームズタウン大学という所にアスリート&学力奨学生として入学試験に合格して、レスリング選手と学生をしています!

-4歳からレスリング一本、今思うと恥ずかしいですが英語に関わらず勉強は一切していませんでした。

成績は常にビリ、見兼ねた両親が高い塾に通わせたにも関わらず全く物にならず。。。

高校の時は英語は常に赤点。レスリングの練習ばかりして、授業は殆ど寝ていました。

起きているとビックリされた程です。笑

高校大学はレスリングで入学したので受験も経験せず、英語とは無縁の生活を送っていました。

 

 2.英語を勉強しようと改めて思った動機

-大学にスポーツ推薦で入学したものの、様々な問題に悩み苦しめられ辞めてしまいます。

そこで一度レスリング選手としての道を諦め途方に暮れていた所、アメリカのひとつの大学が女子レスリング選手を募集しているとの話が舞い込んで来ました。
これしかない!とすぐに関係者と連絡を取り、自分の状況やアメリカへ行きたいという気持ちを伝えました。

するとそこで提示された条件が「レスリング選手になるには、正式な学生としてアメリカ大学の入学試験に合格する事」でした。その入学試験はTOEFL525点を取る事、その時の私の英語力は中学1年生レベルにも満たないもので、もちろんTOEFLの存在すら知りませんでした。

初めて受けたTOEFLは一問も解けず、回答用紙の記入(全て英語で記入)すら分からない状態でした。

あまりの惨敗に涙すら出ず、「とにかく英語を勉強しなければ!何としてでも合格してこのチャンスを掴まなきゃ!」と決心したのを覚えています。自分で勉強してもこれまで机にすらまともに座らなかった私は何からすればいいのか分からず、基礎からTOEFLまで徹底的に教えてもらえる、家から通える、そして月謝を自分で払える英語学校を探しました。そこで探しに探してやっとみつけたのがきよ先生のインフォコンでした!

3.教室を選んだ理由

 -私の場合、合格までに中学〜難関大学卒業+TOEFLαを全て勉強しなければならなかったのと合格までの期間が1年と危機迫っていました。

色々な塾を探しに探しましたが、TOEFLの勉強を教えてくれる所が全く見つからなかったのです。

個人塾も月謝が凄く高いし、、、と悩んでいたら見つけたのがインフォコンのHP、英語の基礎、特に文法から

テスト対策まで出来る事を知りました。すぐにきよ先生に連絡をしたのが昨日の事のようです。

 

 4.レッスンを受けての感想

-先生の所に通い始めると同時に、レッスン+自習で一日10時間以上の勉強が始まりました。

先生と計画を練り文法から何からまずとにかく基礎を固め、でも合格までの時間がない為同時進行でアメリカ大学で扱う専門分野の勉強などもやり、、、と1つの教材を何十周もやったりととにかく出来る事をすべて片っ端からやりました。
この間レッスンで使った教材やノート、プリントや単語帳を整理した所とんでもない量でした!!!合格ラインが私の学力では到底不可能と思えるレベルだった為、宿題もどっさり出て(笑)先生もビシビシ厳しくレッスンをしてくださいました。

点数も上がったと思ったら停滞したり、出来なくて時に怒られて、自分が情けなくなり帰り道に何度人目も気にせず泣いた分かりません。。。笑

5時に起きて勉強、ご飯を挟んで勉強、レッスンに行きその後アルバイトで月謝を稼ぎ帰って夜中までまた勉強。という生活が合格まで3年間続きました。

合格後は先生のお知り合いの郁子先生にもレッスンをお願いし、アメリカでのネイティヴの授業についていけるように対策をしていただきました。毎日英語で日記を書いたり実際に使われた題材でエッセイを書いたり、レッスン中は日本語を話さないなどTOEFLの為の英語から、生きていく為の英語脳を作る為勉強をしました。

 5.これから留学を目指す人たちへのアドバイス

-これから留学や英語を勉強したい人に言える事は、日本にいるうちに不安が無くなるまで基礎から全て勉強するという事です。憧れだけなどで留学する事は場合によっては危険です。

日本だと皆「行けば喋れるようになる」と言っていますが、ありえません。それは周りに日本人がいてアメリカの雰囲気に馴染んで"話せた気"になっているだけなのです。

アメリカで生活するにおいて、特に学校では発言、アピール、積極性、など本当に大事だと感じます。

自己主張をせずに黙っていれば"この子は1人が好きなんだ"と思われ放っておかれます。

喋れなければ"ハァ?"と言われ、そこで会話は終了してしまいます。

 

 6.これからの目標

これからの目標はまずアメリカでレスリング選手として転戦しながら活躍し、卒業後はUWW(united world wrestling)に初の日本人として語学を生かして働く事です。その為にもう1ヶ国語習得が目標です!!

というわけで、ついに留学を実現させたYurieちゃん!
長い教師生活、それはそれはたくさんの生徒さんと接してきましたが、なかなか彼女のような生徒さんと出会うことは残念ながらそれほど多くはありません、、というか、まれです。

最初”留学したい”ということを聞いたときは、よくある”憧れ””海外にいけたらいいなぁ”くらいのいわゆる、語学留学かなぁ、、と思いました。レベルをチェックすると、まさにそのレベルだったので
彼女が”留学”を目指した本当の理由を聞くまでは、ごく一般的な
留学願望であろうと思っていたわけです。

が、上記体験談にも書けなかった深い深い理由を聞いた時、
”絶対に留学させて、日本から飛び立たせよう”と本人同様の
強い気持ちがわいてきました。

長い時間がかかったのは事実ですが、
それまでやっていなかったことをまさに基礎からやり直し、それプラスαを習得せざるを得なかったわけです。普通の人は(私も含め)、おそらく途中で”違う道もあるのではないか?なにもこれに固執することもないのではないか?”と思うのが自然かもしれません。
が、彼女はまさに”わき目もふらず””一ミリのぶれもなく”がんばり続けました。

私にとっても、彼女のような生徒さんを指導することは挑戦のようなものでした。最初は受験生なら当然わかるようなことがわからない彼女に正直イライラとしたことも、同時に自分の忍耐のなさ、に自分自身イラついたことも何度もありました。
”何も留学だけが将来の道ではないんだから、、、”と、思わず言ってしまいたくなるような日々が続きました。”無理だから、あきらめなさい”とは絶対に言ってはいけないことでしたが、、ちらほらと私の頭の中に浮かび上がったことも事実です。そのたびに”留学しなかったら、彼女のこれからの人生はどうなるのだろう。。。”と思い、
絶対留学させなきゃ、という初心に何度も戻ったのです。
ある意味Teaching自体が私自身との戦いだったと思います。

何度も何度も期待しながらだめで、がっかりし、ついに合格点を取った時は思わず抱き合って涙が出てしまったのを、はっきり覚えています。また、その時のことを思い出すとまたしてもウルウルしてしまいます。
私にいろいろな意味で素晴らしい機会を与えてくれた彼女に心から
感謝したいと思います。

あんなつらい時期を鉄の意志で乗り切った彼女はこれから、もっともっと大きな夢を実現していくことは間違いないと思います。
そしてある日私達の前に大きな存在として登場してくると確信しています。大いに楽しみにしましょう!

皆さんもこつこつと夢に向かって努力してくださいねぇ!
お手伝いしますよ!