InforconnEnglish Plaza  HOME 更新日2021/01/05

オンラインレッスンで、ご自宅が塾・英会話学校に!
某全国規模英会話学校を含めた20年以上の経験だけが売りではありません!
授業の補習・受験対策・資格試験対策・
英会話・他目的にあわせてレッスンいたします。

生徒は家族!がモットーです!
インフォコン・インコーポレイテッド 
http://www.inforconn.com   eworldk@inforconn.com

HOME
あっというまに2?年目
創立時のご挨拶
10周年時のご挨拶

元・現役生徒さん紹介


何をお探しですか?
ショートカットはこちら 
お問い合わせの前に
補習・受験・会話他
基礎からみっちりが一番
近道です!

メール添削

FAQもあります
レッスンについて
こちらにご回答のうえ
お問い合わせください

料金 &時間

生徒紹介 
TOEIC対策
レッスンについて
レッスン体験談
TOEFL対策体験談
初心者との海外旅行
2011年
2006年No.2NO.1
2005年
2004年No.1、2
第2回レポート
A組 B組
楽しい車椅子の旅
2003年感想
感想番外編
中身の濃いお話
Charlesさんの
日本旅行の感想

仕事の英語って?
サンディえいご
アラカルト通信 
インフォコン・
インコーポレイテッド
Inforconn, Inc.
お問い合わせはこちらへ
↓↓↓↓

eworldk@inforconn.com
FAX 04-7132-3589


TOMOちゃん
トルコ旅行記ィ  
Part1 Part2



左がTOMOちゃんです。
TOMOちゃんって???こういう人よ
「ブルーモスク」の前で

イスタンブールを象徴する建物。

イメージカラーのブルーがとてもお

落ち着く。内部は青を主体とした

芸術的なタイル、ステンドグラス、

金のイスラム文字等で豪華絢爛

に飾られている。祈りの時間

には、イスラム教徒が

ぞろぞろ集まってくる。

昨年のに、ヨーロッパとアジアにまたがる国、トルコに行ってきました。

もう数ヶ月経つというのに、未だ余韻がさめません。アメリカでのテロ事件以来、

行きにくい国のひとつになってしまいましたが、いつか訪れて欲しいという願いを込めつつ、

この国の魅力をご紹介します。また、現地で外国人旅行者と交流し、

日頃の英会話学習の成果を試した感想も書きたいと思います。

@親切で信心深い人々

道を歩けば、イヤと言うほど見つめられ、話しかけられます。(私に限ったことではないので、

決して自惚れではありません)「日本人を凝視し、話しかけよ」と、教育されているとしか思えません。

商売目的で近づいて来る場合がほとんどと思いますが、親切にしたくてしたくてたまらない、という人も

多いように思います。日本語で話しかけてくる人も少なくありません。日本語がわからないふりをして

無視していると、めざとく私の荷物の小さなマークを見つけ、「キティチャンノバッグ、カワイイネ」と

言われてしまいました。憎めない人々です。基本的に日本人に好意的なようで、トルコ語で挨拶をすると

とても喜んでくれます。

ただし、しつこく物を売りつけられて閉口した、という話もよく聞くので、あくまでも自分の意志をしっかりと

持って対応してください。

 彼らのその軽さからは想像できないことですが、信心深く、1日に5回お祈りをするそうです。

祈りの時間になると、町中に祈りの声が放送されます。イスタンブールではそれほど聞こえませんでしたが、

地方では、うたたねしていても飛び起きるくらいの大音響でした。

A美味しい食べ物

 トルコ料理は世界3大料理の1つだということをご存知でしたか?やはり肉料理が主で、

町を歩けば肉の焼ける香りが漂っています。串に刺したシシケバブや、ぐるぐる回る塊肉を削いで

食べるドネルケバブ等、いろいろ食べましたが、中でも気に入ったものは、皮はもっちりとして中は

フワフワのパンにドネルケバブ・フライドポテト・野菜等をはさんだサンドイッチです。したたる肉汁で

持ち物が汚れてしまいましたが、気にしません。意外なようですが、トルコのパンは美味しいです。

プレーンなパンは、あちこちで山積みにしてワゴン売りされており、食べたい時にすぐに買うことができます。

お米料理も多く、ピラフにしてメイン料理に添えられたり、ピーマンに詰められたりして出てきます。

疲れのとれる甘いデザートもちゃんとあります。シロップ漬けのパイ「バクラワ」や、のびるアイス

「ドンドゥルマ」はどこででも気軽に食べることができます。今思い出してみると、食べ物を売っているのは

ほとんど男性でした。いかつい顔の男性がアイスを盛ってくれる姿は、日本ではあまり見られませんよね…。


「シシ・ケバブ」
肉の種類は選べる。これは鶏肉のシシ・ケブ。

いかにも辛そうな赤い外見の割には、ササミの

ような淡白な味で、ピリ辛さは少しだけ。

添えてあるのはトマト味の甘辛いピラフと、

海藻・玉葱・トマトのサラダ。

奥の皿は、トマト・キュウリ・レタスのサラダ。



「何に使うのか不明な香辛料」

チャイ(お茶)を頼んだら、なぜか付いてきた。

どうやらお茶に入れるようなので、少しずつ前

種類入れてみたら、舌触りといい味といい、

とても飲めるシロモノではなくなってしまった。

プカプカ浮いたり、底にしずんだりして、

見た目もすごく変。

正式な使い道を知りたい・・・。
「ステーキランチ」

肉は食べやすくスライスしてある。香辛料がま

ぶされているので充分においしいが、

ソース(グラタンをこってりさせた感じ)を

つけて食べるとさらにおいしい。

他には、ナッツとドライフルーツ入りの甘い

ピラフ、ズッキーニ・ピーマン・エンドウ豆

のマリネが添えてある。

トルコでは、主食ではなく添え物としてピラフが

よく出る。


part2はこちら!

他にもあります、中身の濃いお話 ぜひどうぞ!