InforconnEnglish Plaza  HOME 更新日2021/01/05

オンラインレッスンで、ご自宅が塾・英会話学校に!
某全国規模英会話学校を含めた20年以上の経験だけが売りではありません!
授業の補習・受験対策・資格試験対策・
英会話・他目的にあわせてレッスンいたします。

生徒は家族!がモットーです!
インフォコン・インコーポレイテッド 
http://www.inforconn.com   eworldk@inforconn.com

HOME
あっというまに2?年目
創立時のご挨拶
10周年時のご挨拶

元・現役生徒さん紹介


何をお探しですか?
ショートカットはこちら 
お問い合わせの前に
補習・受験・会話他
基礎からみっちりが一番
近道です!

メール添削

FAQもあります
レッスンについて
こちらにご回答のうえ
お問い合わせください

料金 &時間

生徒紹介 
TOEIC対策
レッスンについて
レッスン体験談
TOEFL対策体験談
初心者との海外旅行
2011年
2006年No.2NO.1
2005年
2004年No.1、2
第2回レポート
A組 B組
楽しい車椅子の旅
2003年感想
感想番外編
中身の濃いお話
Charlesさんの
日本旅行の感想

仕事の英語って?
サンディえいご
アラカルト通信 
インフォコン・
インコーポレイテッド
Inforconn, Inc.
お問い合わせはこちらへ
↓↓↓↓

eworldk@inforconn.com
FAX 04-7132-3589


レッスンに関する考え方です。

この度はインフォコンに興味をもって頂いてありがとうございます。

ご訪問の前に、レッスン方針等について知って頂いた上で、興味をもって
いただける方は是非お問い合わせ下さい。一部、ごあいさつで述べている
ことと重なる部分もあります。
このホームページの他のページ等で多々述べているように、
英語力は基礎力からという考えが全てのレッスンの基礎になっています。


一般的ないわゆる”英会話”レッスン等について。


 ”会話”というと、楽しくレッスンを受けていくうちに、外国人といつのまにか
スムーズに会話する事ができるようになる、、と思う方が多いようです。

英語の中には”会話”という特別なカテゴリーが存在し、 それは、今までの
学校英語とは全く違った方法で簡単に学べると思っていらっしゃるようです。
週1、2回のレッスンで自分の求めている力がつくのでは、、と。

 学校英語、、とはつまり、文法を理解したり、単語を覚えたり、テストをしたり、
という 勉強の基本です。 

そんなことは”会話”のクラスではやらなくても、自然に話せるようになるであろうし、
面倒な事はしなくてもいいに違いない。単語を覚えるなんて、、、まして文法を
また中学1年レベルから勉強だなんて、、冗談じゃない!
そんなことをしたくないから、"英会話学校”にはいり自然にみにつけたいのに、
と思っていらっしゃる方がたいへん多いのが現実であると思います。

確かにそれとは全く違ったアプローチで”会話”を教えてくれる学校もあるようです。
また、無理やり自分を海外の生活に入り込ませ、そこで悪戦苦闘しながら
身につけていくこともあるでしょう。
  
残念ながら、この学校ではあくまでもいわゆる学校英語が基本です。
今まで学んで来たことを生かしてこその勉強が大切であると思うからです。
受験英語、学校英語は役にたたない、という意見もありますが、それには反対です。
 英語の基本は文法と単語力、それがあってのリスニングであり会話である、
と思っています。特に初心者の方は中学文法をほぼ忘れているか、
理解できていない方がほとんどです。

また、英語が特に不得意でもなかった人達は、その基礎力をもって実際に
英語を口から発する機会を与えられていなかったために、会話ができない
という場合も多々あります。同じ初心者でも、スタート時の基礎力がどのくらい
あるかで、レッスン方法も違ってきます。

単語や文法のやり直しをしつつ、そうした知識を元にして会話につなげていこう
と指導しています。
会話とは結局英作文です。いかに相手に対して正しく、短い時間で英作文を
返せるか、、が大切です。
単語だけつなげても、理解してもらえる場合もありますが、それは相手に対して
たいへんな忍耐を強いていること。それだけでずっとコミュニケーションが取れる
はずはありません。必ず壁ができてくるはずです。

決まり文句や、しゃれた表現を知らなくても、最低限のコミュニケーションは
取れるはずです。むしろそうした表現はその手の本を読んで丸暗記するのが
一番簡単でお金のかからない方法です。
それも大切なアプローチの一つであると思います。

学校を開いて長い年月がたちました。今改めて”会話”というものについて
考えてしまいます。
今まで述べてきた”学校英語”だけで、会話はできないからです。何が一番大切なのか??と考えた場合、
それは生徒さん自身のまさに中身の問題です。英語力ではない、
もっと大切なものです。

いくら英語力があっても、それを口に出し、相手とQ&Aを投げあうことが
できない、または、自分の意見がない、いったい何を聞いてみたいのか、
伝えたいのか、話したいのか、がなかったらそれは”英会話”など勉強する
意味が全くないと思うのです。

中身があればつたない英語でも必ずある程度はコミュニケーションできるでしょう。
日々いろいろ感じ、学ぶことによってその人の中身が決まるわけです。
つまり、会話の内容も決まるわけです。

こうして書いてくると、まるでビシバシ学校英語レッスンだけをやっている
ようにも思われちゃいますが、、。
基本的な文法を学びなおすにしても、英語を声に出す勉強が基本です。
段階を踏んで会話する事が
できるわけですから。だんだん学んでいくと、学校で勉強した基礎の大切さが
わかり、深く理解したことを喜び、またそれを使えることのうれしさを感じていく
人達が多いのです。それをしないと、まさに典型的な学校での英文解釈的
レッスンになってしまいますからね。

もちろん、基本をある程度マスターしたら、会話のテキスト等を使ってレッスンします。
発音記号の読み方から、リスニングの仕方等指導します。

一般的な生徒さんは週1回程度60分から90分レッスンが多いのですが、
それだけしか勉強しなかったら言うまでもなく進歩は望めません。
(それでも、ゼロよりはいいでしょうが、、、、。)

もちろん自宅での学習も指導しています。単語・文法・リスニング・その他、
レベルに合わせて教材を選び、適宜宿題等を出し、単語テスト等を受けて
頂きます。ただし、受ける気のない人はそれはそれで結構です。

目的達成の為にするべきことをしていけば、必ず実現できるはずです。
そのために私はお手伝いをしているにすぎません。

勉強時間・向上心に比例して学力は上がっていくものです。それは、
今までの生徒さんがはっきりと証明してくれています。
勉強にどのくらいの時間をかけられるか、を基本にやっていただくことを
決定します。
中学・高校生の補習・受験対策について

ご指導の基本理念はまずは学校英語の理解です。

残念ながら中学生になって授業についていけない、
理解できない、あやふやだ、、のまま進んでいってしまう
生徒さん達が結構います。

塾に行っても、どうもいまいち???、という方達のためのレッスンです。年々入試等に占めるリスニングの割合が増えています。実際、大学受験の共通テストは2021年から50%の配分になりました。リスニングは外国人の先生についているから大丈夫、という単純なものではありません。

あくまでも、単語・文法力に基づいた問題が出ています。
学校や塾ではいまいち教えてくれない?と嘆く生徒さんも多いようです。英語の音に慣れるにはある程度の時間が必要です。

試験対策となると、かなり前から対策を立てる必要があります。まずは英語と日本語の音の違い、日本語にない音等、試験対策のみならず将来の英語習得のためにリスニングは必須です。

また、学校の授業についていけるように、急がばまわれ、の気持ちでコツコツとわからないところに立ち戻りレッスンいたします。毎回課す宿題等、アドバイスをきっちりと聞いていただければ必ず努力は報われるはずです。
一緒にがんばりましょう!

TOEICレッスンについて

今まで述べてきた基礎力についてのアプローチはTOEICに関しても同じ事が
いえます。

ただ、TOEICの場合、目標スコアと期間の制限がある場合は、若干指導も
違わざるを得ませんが、、。
単語・文法・リスニング・リーディング等の問題集を私が選び、それをミッチリ
自宅で勉強していただき、学校では実戦問題をときまくり、、というかたち
が一般的な指導です。

ただ、スコアをあげるためだけの勉強は絶対してほしくありません。
TOEICは単なる試験の英語ではなく、
実生活で目にする、使える素晴らしい素材だと思っています。

実際海外旅行などをすれば、そのレベルの英語がどんどん目に入ってくるでしょう。
決してスコアアップだけの、コツを勉強するだけではもったいないのです。
TOEICで学んだことを会話に、また会話で学んだことをTOEICにつなげる事が
一番の理想です。そうなるためにも、例えばリスニングにしても、発音の指導等
もミッチリしていきます。

それなりのスコアを欲しいのなら、それなりの時間をかけなければならない事を、
改めて確認してください。

最後に
よく”何年くらいしたら会話できるようになりますか?”と聞かれます。

答えはその方自身のやる気と、勉強時間、そして英語を使おうとする気持ち、
こうしたことを話したいという中身がどれほどあるのか、に全てかかってきます。

私が勉強させるのではなく、皆さんがするために、また継続するために、
私は単にアドバイス、お手伝いをする以外にできる事はありません。

英語に限らず、勉強には時間と忍耐が必要です。そのあたりの覚悟をもって
ぜひおいでください。

興味を持っていただけた方は是非お問い合わせください。

お問い合わせの方にお願いです。

恐れ入りますが、下記の情報をメールに付け加えてください。

番号を書いてそれぞれに回答いただいても結構です。ご訪問をよりスムーズに、
時間をより有効に使うためにもご協力ください。

1.お名前

2.年齢・ご職業

3.学びたいこと。目的等。なるべく詳しく。
  TOEICの場合は、目標スコアと希望目標達成時期

4.今までの学習履歴・その他英語に関してなんでも。
  例・学生時代の英語、英会話学校等の経験・何年くらい何を学んだのか等
  英検やTOEICのレベル等

5.カウンセリング曜日・時間
  ご希望ではなく、不可能な日時をお知らせください。
  オンラインレッスンですので、お話しするときに通信状況もチェックさせていただきます。
  レッスン時間についてではありません。曜日・日にち  とともに時間もお忘れなく。

  例:月曜、水曜の夕方5時(は不可能) 
    夕方まで、、というようなあやふやな表現ではなく
    必ず時間を書いてください。    

6.レッスン時間・レッスン料金についてのご希望。
  例・週1回60分くらい。月に2回くらい。月間一万円が限度。

7.現在、何らかの形で英語の勉強をしていますか?
  しているとしたら、できればテキスト等もわかったら
  教えてください。

以上のご回答を頂いてから、お会いする日時をご提案いたします。

お問い合わせお待ちしております。