InforconnEnglish Plaza  HOME 更新日2021/01/05

オンラインレッスンで、ご自宅が塾・英会話学校に!
某全国規模英会話学校を含めた20年以上の経験だけが売りではありません!
授業の補習・受験対策・資格試験対策・
英会話・他目的にあわせてレッスンいたします。

生徒は家族!がモットーです!
インフォコン・インコーポレイテッド 
http://www.inforconn.com   eworldk@inforconn.com

HOME
あっというまに2?年目
創立時のご挨拶
10周年時のご挨拶

元・現役生徒さん紹介


何をお探しですか?
ショートカットはこちら 
お問い合わせの前に
補習・受験・会話他
基礎からみっちりが一番
近道です!

メール添削

FAQもあります
レッスンについて
こちらにご回答のうえ
お問い合わせください

料金 &時間

生徒紹介 
TOEIC対策
レッスンについて
レッスン体験談
TOEFL対策体験談
初心者との海外旅行
2011年
2006年No.2NO.1
2005年
2004年No.1、2
第2回レポート
A組 B組
楽しい車椅子の旅
2003年感想
感想番外編
中身の濃いお話
Charlesさんの
日本旅行の感想

仕事の英語って?
サンディえいご
アラカルト通信 
インフォコン・
インコーポレイテッド
Inforconn, Inc.
お問い合わせはこちらへ
↓↓↓↓

eworldk@inforconn.com
FAX 04-7132-3589
ごあいさつ (これは独立当初のものです。10周年のご挨拶はこちらです              
ちょっと長くなっちゃいましたが、読んでいただけるととってもうれしいです。

某全国規模の英会話学校での10数年の経験をいかし、納得のいくレッスン、成果の

でるレッスンを心がけております。

英会話のみでなく、千葉大大学院入試対策 青学大社会人入試対策にいたるまで

数えきれないほどたくさんの生徒さんを教えてきました。

いろいろな生徒さんに接してきたことで自分自身も成長して得たものを、

また新しい誰かに分けることができると思っています。

今や英語は私たちの日常にいろいろな面から入り込み、いつのまにか

"単なるよその国の言葉”と言い切れない、無視できないほどの重要な言葉に

なりつつあります。それはビジネスの世界のみならず、日常生活においても

言えることでしょう。それでも、なかには"英語なんて!!”と思っている人達もいます。

そういう人に接するたびに、特にその人が若ければ若い程、とっても残念に思います。

自分で自分の世界、可能性を狭めてしまっているような気がしてならないのです。

これから何をするにしても、英語をやっていて損をする事は決してありません。

むしろ、英語を通して世界に目を向け、私たちの国、日本というもの、また自分自身の

生活をより客観的に見る事ができると思うのです。(もちろんそれは英語だけでなく、

他の言語にも当てはまる事でしょうが。)

英語を通して今まで気にもしていなかった事が気になったり、知らなかった事を

知ったり、それだけでも自分自身の世界が広がるはずです。

一人でも多くの人に英語に興味を持ってもらい、世界がひろがっていく喜びを

体験していただきたいと思っています。
 
言うまでもなく、英語は私達の心を語る手段であり道具です。

日本語でも英語でも、語る中身を持たない人は決して上達することはないでしょう。

英語は心を語る言葉である以上、どんなに単語や文法の力が低くても

一生懸命話そうとすれば必ず相手に通じるものです。相手を理解しようとすることと、

自分を理解してもらうためにまず話そうとすることが一番大切なことです。

その気持ちを基にもっともっと相手を理解したい、自分も理解されたい、と思うときに

初めて英語を学ぶ意味が出てくるのではないでしょうか?

会話の場合、とにかく話してみようとする事が第一段階ですが、

残念ながら、いつまでもきちんとした文も作らず、ブロークンのままで話した気になって

いる人が多いのも事実です。それは話している相手に甘えていることであり、時には

何らかの苦痛を与えている場合もあるのです。また予測できない返答がきた時、

応用力のない人はお手上げ状態です。他の文、表現を応用する力、つまり

基礎力(文法、リスニング、他)のない人達が、嫌いな文法等の地味な勉強を避け、

ただスラングなどの入った会話を身に付ければそれでいいのでしょうか?

目的、英語の重要度は人それぞれでも、会話を楽しむためにも、いつかは基礎力の

厚い壁にぶつかるはずです。日本にいる英会話学校の優しい外人の先生だけが話す

相手ではないのです。本当に自分の事を理解してもらいたかったら、話そうとする

気持ちと最低限の基礎力をつけなくてはいけません。

基礎力とはよく言われるように中学レベルと理解したほうがいいでしょうか、、、。

会話を勉強している人でもそのレベルもあやふやなまま、その上のことを勉強

している人がたくさんいるはずです。そういう人達は、最初は楽しくてもいつかは

壁にぶつかり、どうしても伸び悩んでしまうのです。いわゆる"使える英語”を身に

つけるには、ただなんとなく話せるだけでは何にもならず、読んで書けて話せる力を

身につけなければならないのです。

今までの経験と反省をふまえ、基礎からしっかり力をつけることが、何をするにしても

結局は近道に違いないと確信しています。

文法は嫌い、という人達がたくさんいますが(かくいう私もそうでしたが)

やり方次第では楽しくもなるはずです。今まで解らなかった事が解ったり、言えたり

したらとってもうれしいはずです。留学したいと思っている人も、

"中身の濃い話”でMs.Yagi が言っているように
そうした基礎は日本で勉強できるし、

それを身につけてから留学したほうが、時間もお金もより有効に使えるはずなのです。

しっかりとした基礎力を皆さんがつけたうえで、一人一人の夢に近ずくお手伝いが

できたらと思っています。

英会話学校で働いていた頃、私が期待した以上に勉強し続け、

英語を自分の生活の中で欠かせないものにしていった生徒達がいます。

彼らが素晴らしいのは英語を一生懸命勉強しただけでなく、英語を通して受身ではなく、

積極的に新しい事に挑戦し、彼らの世界をひろげ、成長していった事です。

そういう人達とかかわることができた事、英語がそのきっかけになった事はこの仕事を

続ける上でとっても大きなエネルギーになっています。

彼らは小手先の英語のテクニックを学んだわけではありません。時間をかけてこつこつと

力を蓄えていった人達です。決して最初から英語力が素晴らしい、という人達ばかりでは

ありません。

一人でこの教室を開いた時、不安だった私を助けてくれたのはそんな今までの生徒達

とのかかわり合いであり、そのおかげで今まで自分がしてきたことは間違っていなかった

のだ、と思えた事であり、また大きな学校ではなくちっちゃな教室なのについてきてくれた

生徒達です。そして今ではそんな生徒達が新しい生徒をつれて来てくれ、、、。

遠くに行って会えないもと生徒達からの応援と、これほどうれしいことはありません。

このホームページが完成したのを機会に、そんな人達に改めて”ありがとうございます。”

とお礼を言いたいと思います。今まで以上に私自身の世界、可能性をひろげようと思います。

今後ともご協力よろしくお願い致します。

そして、きっとこれからこの教室のドアをたたいて仲間に入ってくれるであろう人達に、

心からお待ちしています、と言いましょう。どんな夢、目標を持った人達と出会うのか、

私も生徒達も心からあなたが仲間に入ってくれる日を楽しみにしています。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

10年目のご挨拶はこちらです。