InforconnEnglish Plaza  HOME 更新日2020/03/22
TOEIC
特化スクール?英語塾?英会話学校?英会話教室?英会話スクール?
英語学校?英語教室?英会話サロン?
ひとことでは表せない、熱い場所が千葉県柏市、千代田線・常磐線・柏駅前(徒歩3分)にあります!
初心者・ 熟年・中高年、キャリアアップ狙いのバリバリ社会人はもちろん、
学校での補習・受験対策の小学生〜高校生の塾+アルファのレッスンを致します!
某全国規模英会話学校を含めた
20年以上の経験だけが売りではありません!
生徒は家族!をモットーに、日本人が運営している教室です。
学校英語補習・受験・
英会話・TOEIC TOEFL・英検・その他英語全般・翻訳
好評です!出張・ご自宅でのSkype・FaceTime でレッスン・ 
http://www.inforconn.comインフォコン・インコーポレイテッド 
 お問い合わせはこちらへどうぞ!→  Fax04-7132-3589  eworldk@inforconn.com

HOME
あっというまに2?年目
創立時のご挨拶
10周年時のご挨拶

元・現役生徒さん紹介


何をお探しですか?
ショートカットはこちら 
ご訪問の前に

特別寄稿
英語でお仕事!
No.2

師弟の小部屋

旅行記2

体験談もどうぞ

旅行記Part1

Charlesさんの
日本旅行の感想

英語教室
1回〜お受けいたします
英語一般・資格試験・
その他ご相談ください。
Skypeレッスンあります。
メール添削

FAQもあります
レッスンについて

こちらにご回答のうえ
ご連絡下さい。

料金 &時間

生徒紹介 
TOEIC対策
レッスンについて
レッスン体験談
TOEFL対策体験談
 TOEIC模擬試験
体験談
教室での個人模試も
どうぞ!
海外レッスン
2011年
2006年No.2NO.1
2005年
2004年No.1、2
第2回レポート
A組 B組
楽しい車椅子の旅
2003年感想
感想番外編
中身の濃いお話
Charlesさんの
日本旅行の感想

仕事の英語って?
サンディえいご
アラカルト通信 
お問い合わせは
メールかFaxで
お願いいたします。
インフォコン・
インコーポレイテッド
Inforconn, Inc.
は柏にあります!
千代田線・常磐線
柏駅西口徒歩3分


千葉県柏市旭町
eworldk@inforconn.com
FAX 04-7132-3589


2011年ワシントン州旅行記 Part1

6月末から7月中旬まで、今年は19泊という長い旅行でありました。
といっても、前半9日は私の幼馴染2人との初めての女3人の旅でした。
旅程は以下の通り。
@Olympic National ParkABCCanada/Victoria➄EOrcas IslandFGH Seattle

@6/22
Seatac空港からレンタカーでいっきにONPまでフェリーに乗ったりして、ぶっ飛ばし、、、まっすぐ
Hurricane Ridge まで行くつもりが、、。ちょうど雨が降り始め、このまま山を目指しても、おそらく
何も見えないであろう、と判断。ちょうどCharlesさんご夫妻の住むSequimを通る所だったので、
急遽お邪魔しようと決定。もともと、お二人には、是非お友達を連れてきてください、と暖かいお誘いを
受けていたのですが、なんせ友人2人とも英語がままならないので、どうしたもんかな、と思っていたの
です。が、一般のご家庭を訪問するなんてめったにないことだと思い、決断したわけです。

 ちょうどお昼時だったのでスーパーでわれわれの食事を持参し、お茶でもごちそうになろうと。
急な立ち寄りにもかかわらず、お二人はお庭で取れたイチゴとケーキで歓待してくださいました。
日本語を勉強しているCharlesさんにとって、英語がイマイチの友人2人の訪問をたいへん喜んでくれ、
覚えた日本語を一生懸命使い話そうとしてくれました。
友人2人も、緊張することなくリラックスして楽しんでいたようです。おまけに、ほとんど時差も感じて
いなかったようで、、ほんの少し車中でスヤスヤ程度でバッチリでした。これには、私めはビックリ!

 楽しいひと時が終わった時は、ちょうど雨が上がり、あきらめかけていたHurricane Ridgeにも
行く事ができました。6月末といえば、山々が若干の雪をかぶり、一面の緑が美しいころであります、、が
今年は春が例年になく寒かったらしく、一面雪景色!散歩するつもりが、無理な状態!
が、美しい雪景色を見る事ができて、ラッキーだったかも。

 お宿は美しいLake Crescentに面したいつものLog Cabin Resort。
湖を前にして、これまた買い込んだ夕食を食べ、感動の1日目が終了したのでした。
さて、あしたはいよいよ海をわたってCanadaのVictoriaへ!

➁6/23
翌朝も若干曇り気味。
宿から40分ほどのPort Angeles からフェリーに乗りいよいよCanadaのVictoriaへ。
夏は結構旅行者が増えるので、事前に日本で予約をしていきました。
たった1時間チョイくらいでフェリーで隣の国に行けるわけで、とっても便利。
入国審査はVictoriaに到着して、審査官のいるチビ小屋?が2つくらいあり、そこに車のまま
行って質問を受けます。食料の持込は禁止。うっかり忘れて数個フルーツを持ち込んでいたのですが、
りんご1個を間違って持ってきてしまったぁ、、ごめんなさあい、、と、申告して、その他はセーフ。
1個ですんでえがった。笑 その他は、滞在期間や目的、滞在先、等の普通の質問のみで
無事通過したのでした。でも、皆さんまねしないでね!笑 フルーツはだめよ!笑
今回のお宿は、もちろん日本で予約したコンドミニアム。ネットで調べまくった甲斐あって、それはそれは
スンバラシイお宿でした。ダウンタウンから徒歩5分、駐車場もExtraをとられることなく、、。結構駐車場は
Extraを取られるので、ちゃんとチェックしないとね。おまけになんと$30もやすくしてくれて!感激!

担当者のRadieさんがこれまたとても親切な人で、到着後あれこれあれこれ、あっちからこっちから、
いっきに説明してまわってくれました。屋上にBBQセットがありましたが、使う機会がなく、残念。
素晴らしいお部屋でくつろぎ、またまたお買い物に出て、夕陽を眺めながらお部屋でお食事の優雅な
1日目でありました。

B6/24
さあて、曇り空のVictoria2日目は、かの有名なThe Butchart Gardensへ。
お花好きな人にはたまらない空間です。今回で3回目の訪問になりましたが、、、相変わらず美しい庭であります。
が、正直言って、私はやはり自然の中にあるお花を見るのが好き、、というか、あまりに美しく整理整頓された
計算され尽くした庭は、イマイチだなぁ、、と思ってしまったのでした。
小さな街を訪れた時に、ふとそのあたりに生えている花々、ごくごく普通のお宅の庭先、、それが他人に見られることを
意識していない、そこにそれを植えた人の気持ちが感じられる庭が一番いいなぁ、、と改めて思ったのでした。
とはいえ、もちろんお花自体は文句なく美しいですがね。。庭師のKiyoとしては、ふぅぅむ、と思ったのでした。
が、楽しく帰ろうとしたその矢先、友人のSチャンの眼鏡がないことに気づき、、雨の中みてきたルートを戻り
探しまくり、、それでも見つからず、、Lost & Found、、いわゆる遺失物扱い所ですが、そこに行ってみたものの
届いてないとのこと。友人はすっかりあきらめてしまいましたが、、しつこい私めは、万が一届いたら宿泊先に
連絡して欲しい、、と電話番号を渡したのでした。眼鏡を盗む人もいないよなぁ、、、とおもいつつ、、、。

お帰りのお土産は定番のお花の種。本来植物の種は持ち込み禁止です。が、ちゃんとこのタネは持ち込みOKよ
とのシールを貼ってもらい出国する時にそれを申告すれば問題無しです。
レジで旅行者であるかどうか、アメリカに入国するか、などを聞かれるので、はいはいと言えば、タネに
ペッタンとシールをはってくれます。カナダから出国し、アメリカに無事に入国し終わるまで絶対にはがしては
いけませんからね、気をつけて。
帰りは途中にあるスーパーによってまた食材購入。やはりカナダはアメリカよりも物価は高いわ。税金もちっと高いし。
昔はカナダドルは米ドルより低かったのに、、、いまは3円くらい高いのよねぇ。変わったもんだ。
で、またまた夜は楽しいお料理、その後お食事&おしゃべり。

C6/25
Victoria最後の日はWhale Watching へ。とは言っても私はパス!だって、Orca島でたくさん見たしね。
それより、ご存知かしら?アメリカよりカナダのほうが高いのよぉ!$20から$30くらい違うのねぇ〜。
そんな高くちゃァ、、パスだわ!ケチな私めは電話で予約はしてあげたけど、買物でもしよ!と思っていたら、、
なんと、昨日のあのメガネが見つかったとの連絡が!ウッソォ〜!よかったねぇ〜!が、彼女たちはWhale
Watchingへ!ってことは、、私が?とりに?行くわけねぇ〜。。。。ハイハイ。。。
とはいえ、お二人様をWhale Watchingに行くのを送り出してあげないと、、やれやれ。お二人を送り出してから
またまた昨日のThe Butchart Gardensへ向かい。指示通りに裏門?からはいり、めでたくメガネを受けとり
きのうのスーパーでまたまた本日の食材を買い、帰ってきた頃にゃ、すでにあのお二人様もお帰りで、、。
最後の夜だからどこかのレストランへ、、とも思ったけど、残りの食材もあるし、、最後の夜もあのステキな
お部屋から外を眺めて、、にしようということになり、ステキなワインの専門店で、ステキにリーズナブルな
ワインと、ちっとおしゃれなおつまみなんぞを買い込み、カナダ最後の夜を満喫したのでありました。
またあそこは泊まりたいなぁ。

➄6/26
さあて本日は私の大好きなOrcas Islandに向かう日です。という事は、、またまたアメリカ入国です。
どうやるのって?超簡単です。
SidneyからアメリカのAnacortesにFerryで約2時間くらいで渡ります。Sidneyを出るときに簡単な出国手続き?
とも呼べないような簡単な質問を受け、Ferryに乗り、アメリカ側につき、またまた車に乗ったまま質問を受けます。
やはり主な質問は”食物&植物”を持っているかどうか、、でしたね。食材は若干残っていたので、ちとビビリました。

仕事は?どこに住んでる?何日アメリカに滞在する?などをきかれ、あのタネを持ってると伝え、さあ、オシマイ!
と思ったら、トランクを開けなさい、、とのこと。あらぁ、、どしよ!と、ふと思いましたが、、、。
レンタカーのトランクを開ける方法がイマイチ???だったため、あたふたしていたら、”ま、いいやいいや”と
すぐ通してくれました。で、無事アメリカ入国!それで、またまたFerryに乗って1時間15分のOrcas Islandに
向かったのでした。確か昨年まではSidneyからOrcas Islandまで直通のFerryがあったのに、、すごい時間の
ロスですが、、やはりOrcasははずせないルートでありますから、がまんがまん。それに、Ferryで見る景色は
素晴らしいので飽きることもありませんね。

さて、無事AnacortesからUターンのフェリーに乗ってOrcasへ。もう少しで到着、、ということで、車に戻ると
すぐ前の車の窓越しに”○×△■!●!”と、なんか後に向かって叫んでいる女性が、、。
まさか私にではあるまい、、、と後を振り向くと、、誰もいない、、、ってことは??あたし???
あたしに声かけてるわけ???と、ジェスチャーできくと、そうそう!と、言ってるみたい、、、。
外に出て、その女性をみたら!なんと!今晩お泊まりするGailさんのお友達、シャロンさんがねこちゃん連れて
(それも、ソートー大きい!山猫のような、、、いや、ボブキャットのような、、が、おとなしくてかわいい。)
いたのでしたぁ。よりによってこんなところでお会いするとはぁ!たった1度しか、それも2年くらい前に、、。
なんでも、Gailさんが私が今年もくるのよぉ、、と楽しみにしてくれてるとか、、。うっれしかったわぁ。
で、すぐフェリーを降りなくてはならないので、車に戻り、上陸とあいなりました。
Sharonさんが島のたった一つのスーパーに入るのを見届け?私達はMoran State Parkへと。
比較的お天気が良かったので山から眺める本土やカナダの景色は素晴らしかったですよ。
お天気が安定していないので、少しでも晴れていたら先に行こうと思ってたので、大正解でした!さすが!

で、いよいよGailさんの暖かい笑顔と1年ぶりの再会です。友人2人は、お宿のバルコニーから見る景色の
素晴らしさに魅了されているようでしたよ。もちろん、私も。早速、夕食を作りバルこにーでビールをグビィ!
で、お部屋でおしゃべりしながら楽しい夕べ→バッタンQで1日目はオシマイ。

E6/27
本日はOrcas最後、、たった二日しかいないけど、、の二日目。こんばんは昨日あったSharonさんと
Gailさんを日本食のゆうべにご招待。
朝はB&Bですからもちろん朝食つきです。キュッシュがえらくまたおいしく、レシピをきいてくれと
頼まれ、聞いて見ました。つくったのかなぁ??
日中は街ぶらしつつ、買物をして、North Beachにいったりしてのんびり。
夕食の食材を買って、いよいよご招待のための夕食作りに励んだのでしたぁ。ナンセ、キッチンもついてるから
全てお部屋でできちゃう。便利ですよねぇ。
で、何を作ったの??って?
★のり巻き
★てんぷら・白身の魚で野菜をまいたもの・かき揚げ・ナス・
★おそば・日本から持っていった
★切干大根のサラダ・日本から。。。
★ジャガイモの煮物
★サラダ
★友人が作ったお餅の揚げたやつ。これはお土産にあげて、、。
と、まあこんなもんでしたね。
やはり、和食はおしょうゆ味が多いので、どうかなぁ、、と心配していたのに、、お二人とも超ごきげんで
全ておいしい、おいしいと食べまくってくれたのでした!うれしい限りです。
食後に、友人のつくった折り紙の楊枝いれをみんなで製作!これがなかなか難しくて、、悪戦苦闘しつつ
あれやこれや、言葉なんか何のその、にぎやかに楽しい時が流れたのでしたぁ。
後日、友人達がいうことにゃ、このオルカが一番思い出に残ったとのこと。やっぱり、旅行は観光だけではなく、
人との触れ合いが素晴らしい、、ということでしょうね。よかった、よかった。

F6/28
いよいよ、Orcasからまたフェリーに乗り、Seattle入り。
いつも泊まるコンドミニアムに3泊。食材を途中で買い込み、旅の疲れを取ったのみの1日でありました。
G6/29
マリナーズのDay Gameをみにダウンタウンからバスで。China Townまではフリーライドの範囲なので、
なんとバス代は無料であります。そこから5分くらい歩けばついちゃいます。
で、友人Sは今回Oregonにいる大学時代のお友達に1人で電車に乗り行くことになりました。
かなりビビッテましたが、事前に電車のチケットの予約、ホテルの予約等をしましたから、後は電車に乗って
降りれば、お友達が駅までお迎えにきてくれるはず、、という、ラクチンな旅行です。が、本人にしてみれば
そんなことを外国でするのは初めてなわけで、、、よく頑張ったよね。次回もどんどんそういうことを
して欲しいですねぇ。おかげで久しぶりにお友達とも会えたしねぇ。
私とYちゃんは、マリナーズ観戦後ダウンタウンまで約20分くらい、アッチこっちみて歩きながら帰宅。
途中、ビール好きな二人はもちろんレストランに入り美味しい地ビールに舌鼓でした。
H6/30
お昼頃、Oregonから戻ったSチャンと合流し、Ride the Duck(水陸両用車)で観光へ。
運転手さんがまぁ、よくしゃべるしゃべる、、で、、言葉なんて分からなくても十分楽しめましたね。
シアトルの街のめぼしいところをサッとまわってくれるので、お勧めです。
街に戻ってから、ショッピング。最後の夜なんで Pike Place Marketの前のPub/Restaurantの
Happy Hourを狙い、軽食&ビールをまたまた飲み、旅行の思い出を語り楽しい最後の晩がおしまい。

というわけで、翌日は空港までお二人をお見送りし、私は次の生徒達との旅行に突入です。
すでに、そのころ空港では参加者の1人T君がまっていたのでしたあ。

この続きは、、、後日また、、頑張ります。